スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、メリークリスマスだった。



表紙をビミョーな違いのどれにするか悩んで何パターンか描いたんで
おまけにあげておきますね。


表紙サイズ縮小Ver・ブログ用01

表紙サイズ縮小Ver・ブログ用02

表紙サイズ縮小Ver03



高杉×桂カップルも
こんなラブラブなクリスマスを過ごしているのか!と想像してみたり。
高杉はちっちゃいですが(笑)

1月11日 インテックス大阪



≪銀魂≫ 高杉×桂 スペース  

6号館C 「ひ 79b」

で参加しています。

今回もイベント開始10分くらいはお買い物で留守にしていますが
ラッキーな事に好きな作家さんが同じ館だったのですぐ戻れそうです。
人も多いですし、6号館Cは辿り着くのに少し時間がかかると
思いますのでゆっくりとお越し下さいませ。


新刊は

2015年・1月新刊表紙


「かわいいだけじゃダメかしら」   
   A5 28p  ¥300

☆アレ?何だか高杉が若返って可愛らしくなっていっているようなー…
という事に、最近やっと気づいてこんな話になりました。
見返してみると結構前の時点で
髪の毛サラサラ・天使の輪っかの晋ちゃんだったんですね(笑)
アンチエイジング高杉とそれにまつわる周囲の反応です。


ー…というお話です。

新刊も一緒にUPしようとしたら
こんな時期になってしまいました(汗)
やっと表紙が出来ましたよ~。

まだ完成はしてないんですが、
原稿自体は出来ているので確実に新刊は出せます。
ほっ。(#^△^#)

あとはコピーと製本だけなので
年末年始にお正月番組でも見ながら
だらだら頑張りますね。

では皆様、イベントでお会い出来るのを楽しみにしています。
良いお年を。 \(*^∇^*)/


≪銀魂≫ 高桂本・DL・13



DL販売が日本サイト、英語サイト共に販売開始されたんでUPしておきますね。

もっと早く販売してくださっているんですが、両方の販売待っているうちに
いつもブログに上げるのを忘れてしまうんですよ…

私が横着してるだけで、凄く迅速に対応してくださいますんで
利用してみようかと考えている方は安心して下さいませ (;^ω^)/

それでは新刊、こちらです。


≪銀魂≫  高杉×桂

2014・8月新刊表紙


【思いすごしも恋のうち】  

 JPEG38枚(PDF40ページ) ¥540

☆ある日、桂のどこが良いのか聞かれた高杉。
 幼少期にまで記憶を遡って
 馴れ初めを思い返してみるのですがー…。


→→ DLsiteさん英語サイトでの販売はこちら 【Overthinked Love】


インテ大阪



お疲れ様でした

お立ち寄り頂いたり、お話もしていってくださったりと
本当に楽しかったです。ありがとうございました m( _ _ )m

じっとりとした暑さの日ではありましたが
お体は大丈夫でしたでしょうか?

私は当日の往復の時は曇り空だったので
日差しがない分ありがたかったです。

不安定な天気だったので
帰りは雨が降ってきたりもして
そういえば私、昔、雨女だという説が有ったなー…と
ぼんやり思い出したり (;^ω^)

降られてしまった皆様、
夏の疲れも出る頃ですので体調にはお気を付けくださいね。


さて、イベントの疲れも一段落したので
これからしばらくは恒例の遊びほうけモードに突入です

遊び続けず原稿に取り掛かれるか心配もありますが…
次回の新刊は1月インテックス大阪、高桂の予定で、
せっかくの100回記念なので新刊出したいんですよ~

もっと早く取り掛かれば良かった!
と、後悔しないように気を付けます (;^ⅴ^A 


それでは、少し涼しくなってきたと話に出ることも多くなりましたが、
絶対まだまだ暑いんで!(笑)
皆様、残暑も無事乗り切れますように\(*´∀`*)/

製本も無事終了いたしました \(*´∀`*)



後は送るだけ


と、一安心ではあるのですが、
今回、何故かどうやっても印刷が濃く出てしまって。

特にトーンが使用した物の軽く2倍の濃さになってしまい、
元々薄暗い設定で描いていた室内はかなり黒いし、
トーンのグラデーション部分もかなり厳しい…。う~ん、残念。

そんな訳で
下になった文字や表情が見え辛いのでご注意下さいませ (;^ω^)/


どうしても影の濃さが気になる方は、

あぁ、これはー…
ちびっ子時代は松陽先生が皆を連れて海外に修学旅行中で、
(陽の光の強さが違うと影の濃さも違って来るらしいんで。
              by「ぶらぶら美術館」知識。)
現在の室内シーンは、桂がお金無くて行灯使用中なんだわ!

という設定という事で勘弁してくださいませ(汗)



↓↓ こんな感じ  


おまけの言い訳高桂イラB5



明かりの具合は行灯の明かりの方が妖艶なので
高杉的にも満更では無かったんではないかと想像してみたり(笑) 


まぁ話自体はウチの高杉と桂なんで、いつもどおりのあんな感じなのですが。

とにもかくにも、高桂満載にはなっていると思いますので
お楽しみいただけたら嬉しいです。

ではでは皆様イベントで~ (^¬^)/



プロフィール

潤家 ちこ

Author:潤家 ちこ
活字中毒かってくらい
あらゆるジャンルの
小説を読み漁ってるのに、
自分が描くのは
なぜかマンガ。

人体って不思議だなぁ…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。